« 午前7:00より前と後のちがい | トップページ | 秋の夜長のカボチャスープ »

ホームベーカリーでうどん作りました

我が家のホームベーカリーでは、パン、もち、パスタなども作れますが、いまだに作っていなかったのが「うどん」。
週末に初めてトライしました。

Dsc04730 手作りうどんは、見た目はちょっとちりちりしていて、まっすぐな麺はできなかったけど、一口食べると、おいしい~。プリッとしていて、コシがあるってこういうことなのか~と思いました。
いつもは3玉100円くらいのうどんを冷凍しておいて使っていたので、味の違いにびっくり。手作りっておいしいんですね。

ちょっとやみつきになりそうです。

取説では薄力粉と強力粉を半々で使うと書いていましたが、中力粉の「地粉」を使ってみました。
その土地の地元産小麦で、いわゆる、「うどん粉」というやつですかね。長野県では、スーパーで長野県産の地粉が必ず売られていて、手に入りやすいです。
おやきやうどん、すいとんなど、手軽に作れてうれしいです。しかも強力粉よりちょっとお安い場合もあるんです。

Dvc00155_2Dvc00038 ホームベーカリーで地粉だけを使ったパンも焼いてみましたが、中力粉でありながら(強力粉と比べてややグルテン量が少ない)ちゃんとパンになりましたよ。味はとても小麦の甘みが感じられておいしかったです。
やや水分が中にこもって、湿った感じなのは気になりましたが。あとはキメが粗いです。

家で地粉使ってるよ~という方、ぜひ活用法教えてくださいね。

←こちらに登録中。応援してくださる方は、ぜひクリックお願いします。

人気ブログランキングへ←ランキング参加中です。happy02

<シンプルなうどんのレシピ>

パナソニックホームベーカリー1.5斤用 の取扱説明書掲載レシピを参考にしました。
☆分量外で打ち粉として強力粉か地粉を使用します。

★材料(5~6人分)
地粉(中力粉)・・・460g(なければ薄力粉と強力粉を半々で使用)
塩・・・大さじ1/2
ぬるま湯・・・250ml(お風呂位の温度)

★作り方
1、材料をホームベーカリーのうどんモードでこねる。
(手ごねの場合は、ボールに粉を入れ、塩をあらかじめ溶かしたぬるま湯(200ml)を粉全体にまわるように混ぜ、力を入れて一体になるまでこねる。かたすぎてまとまらない場合は、残りのぬるま湯を少しずつ足すが、あまり足さない方がコシのある麺になる。私は、かたいと混ぜられないので、たくさん足してしまいます。)

2、まとまったら、ラップをして1時間ほど常温で休ませる。

3、打ち粉をした台の上で、めん棒で約5ミリの厚さにのばす。

4、二つ折くらいに折りたたみ(折り目の内側に打ち粉を多めにふる。)、包丁で好みの太さに切る。ゆでると太くなる。

5、打ち粉をはたいてから、たっぷりのお湯でゆでる。ゆで時間は麺の状態によってちがうので、味見をしながら好みの固さにゆでる。

6、ゆであがったらざるにとり、冷水で表面のぬめりをよく洗う。

7、お好きなつゆで(温でも冷でもOK)いただく。

|

« 午前7:00より前と後のちがい | トップページ | 秋の夜長のカボチャスープ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ
うどんを地元の粉で作ったら、言うことないですね。地元ならではです。パンもうどんも、自然でとても美味しそうです。僕は、うどんは自信がありませんが、ヌイユみたいのは作ったりします。
家庭での手作りの美味しさって、気がついちゃうと、もう、よそで買いたくないんですよね。自然なおいしさで、やさしいんです。お子様にもとても素晴らしい食育なさってる。

投稿: おさむ | 2009年9月17日 (木) 04時48分

地元のものを使うと、なんだかうれしくなるので不思議です。
ヌイユというのはどういうものですか?初めて聞きました。
子供には、自然なものも、化学調味料もどっちも与えてしまう適当母です。でもインスタント、コンビニ弁当から、1から手で作ったものまで、いろいろ味わって成長するのもバラエティーに富んで楽しいかな?と。

投稿: ひよこ | 2009年9月17日 (木) 05時23分

そのとおりです。適当ではなくて、当然です。食べ物に対して神経質になってはいけませんから。スーパーやコンビにはとても便利だし、よく利用します。理想ばかりでは生活できないのが現実です。
ヌイユはフランスの麺の総称で、強力粉と卵でつくる柔らかいパスタです。料理の付け合せにします。イタリアのパスタ類はセモリナ粉と卵でこしが強いですが、ヌイユは、すこし柔らかめです。

投稿: おさむ | 2009年9月17日 (木) 08時13分

スーパーに地粉が普通に売られているなんて、いいですね。
ホームベーカリーの本に、うどんは紹介されているけれど、
わたしも作ったことはありません。
包丁で切ったのですか?
ちゃんと“うどん”ですね。上手ですね。

ヨーロッパでは、お菓子でもパンでも、
ぜんぶ地粉で作るんだって聞いたことがあります。

投稿: poppy | 2009年9月17日 (木) 08時49分

手作りっていいですよねhappy01
うどんはまだ作ったことがないので作ってみたいですnote

投稿: とみぃ | 2009年9月17日 (木) 11時03分

おさむさん。
よかったそういってもらえて(笑)。ヌイユ面白いですね。メインではなくて、つけあわせになるんですね。

poppyさん。
地粉は各県にあるわけではないのですね。それでは、今手に入るうちに楽しみたいです。ヨーロッパでは地粉がそんなに使われているんですね。驚きました。
うどん、普通の包丁で切りました。以前生パスタで切るのがうまくいかなかったのですが、今回はあまり長いうどんにしないよう、10~15センチくらいの短めにしたらうまくいきました。

とみぃさん。
手作りうどん、とってもおいしくてびっくりなので、ぜひやってみてくださいね。男の人の方が、力が入れられるので、絶対向いてると思います。

投稿: ひよこ | 2009年9月18日 (金) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545142/46227188

この記事へのトラックバック一覧です: ホームベーカリーでうどん作りました:

« 午前7:00より前と後のちがい | トップページ | 秋の夜長のカボチャスープ »