« 父の教え「カツオ節は厚削り」 | トップページ | ミルクレープ試作第2号 »

休日の朝はとびっきりのソーセージを

ささやかな贅沢。週に1個だけ値段を気にせず買っていいことにしています。とびっきりおいしいソーセージ・・・

と言っても、スーパーでパッケージを見て「ああ、おいしそう」っていうのを選ぶだけなのですが。決しておとりよせとかではないですconfident

卵アレルギーの息子用に、卵不使用のソーセージやハム、探せば結構あるもんです。ソーセージ売り場で、パッケージの裏書きを次々にひっくり返して読む私は、怪しいですか・・・?coldsweats01

Dvc00061Dvc00063 








朝食は極力手をかけないです。

残り物をあっためたり、並べたりするだけがいいので、ソーセージを小鍋でボイルして、おいしいマスタード(大人用)を添えて一品に。今回は、マイユのマスタード

ソーセージは、パンでもごはんにでも合わせて食べてしまいます。

前回のワールドカップ。サッカーの事はよくわからないひよこですが、ドイツのビールやらソーセージやらがTVで紹介されるたびに、ドイツまで飛んで行きたくて仕方なかったです。

←こちらに参加しています。応援ポチお願いします。

人気ブログランキングへ←ランキング参加中です。順位があがったらはげみになりますhappy02

|

« 父の教え「カツオ節は厚削り」 | トップページ | ミルクレープ試作第2号 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

先日はコメントありがとうございました♪
ひよこさんはワーキングマザーさんなんですね!お忙しい中、美味しそうなお料理作られててステキです☆

うちの1歳の娘も卵アレです。
しかも!今日、初めてソーセージ食べさせてみたところです!!!ソーセージには卵が入っているものだと思っていたけど、探してみれば結構あるんですね~。

また遊びにこさせてください。

ポチッと応援!

投稿: ペタ | 2009年9月14日 (月) 01時17分

こんばんわ
マイユのマスタード。僕も愛用してます。ワインビネガーなんかもマイユを使ってます。おいしそうな名前ですもんね。
まいう~。
ドイツでは、甘いマスタードも使い分けて食べるとか、前に食べたことがあるのですが、やっぱりちょっと違和感あります。ソーセージとの組み合わせによっては美味しいと思いますが。
最近は、食品の表示がしっかりしていて、確認してから買えるので消費者にとって、いいですよね。

投稿: おさむ | 2009年9月14日 (月) 01時59分

ペタさん、ご訪問うれしいですbirthdayお仕事は週の半分しか行っていないのですよ。今見習いでケーキを作っています。卵アレルギーのお嬢さんなんですね。大人用と別メニューにしたり、いろいろ大変と思いますが、お互いがんばって乗り切りましょうねwinkまた遊びに行きます。

投稿: ひよこ | 2009年9月14日 (月) 04時45分

おさむさん、私も書いてて「まいう~」って思っちゃいました(笑)甘いマスタード、なんか不思議な感じですね。でも興味もっちゃいます。
食品表示は、細かいですね。とっても助けられています。でも老眼気味!?なので、目を凝らして売り場で表示を読む姿は、きっと怪しいですcoldsweats01

投稿: ひよこ | 2009年9月14日 (月) 04時50分

マイユ、わたしも使ってまーす!
以前、デパ地下で、マスタードの棚を物色して(ひよこさんより怪しいかもです^m^)、
フランスのもう少し高いのを買ってみました(もっとおいしいかと思った(^^ゞ)。
たぶん、ソーセージ買ったついでに、ドイツのも買ったことあります。
けれど、マイユが、やっぱりマイウーbleah

ドイツの甘いマスタードは、
ホットドッグにするときにいいですよ(^^)

投稿: poppy | 2009年9月14日 (月) 07時44分

poppyさん。こんにちは。POPPYさんもマイユを使っているんですね。人気なんですね。マイユはまいう~ですか(笑)フランスのおいしいのというのも食べてみたいでな。デパートにいったら、いろいろあるかしら。(←めったのいかないのすが)
やっぱり甘いマスタードご存じなんですね。興味深々です。

投稿: ひよこ | 2009年9月15日 (火) 04時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545142/46196208

この記事へのトラックバック一覧です: 休日の朝はとびっきりのソーセージを:

« 父の教え「カツオ節は厚削り」 | トップページ | ミルクレープ試作第2号 »