« 宇宙人と対話 | トップページ | エリンギ焼きとおうち居酒屋 »

魚アレルギーのこと

息子の食物アレルギー。
魚と卵は、夏の血液検査の結果、あと半年くらいで食べられるようになるんじゃないかということでした。

楽しみですっ。その日が来るのが。

特に魚。(青魚のみならず、白身・赤身もダメになっていったんです。身(筋肉)がだめで、だしは大丈夫なんです。)
次の転勤で、もしも海の近くの魚介の美味しい街にひっこしたら、毎日食べたいではないですか。漁港で買っちゃったりしてね。
それまでに治ってくれたらいいな~って思います。

今は海のない長野県で、ある意味タイミングよかったかもしれません。

子供が魚を食べられなくても、大人だけ食べればいいんですが、なかなか2種類の料理を作るまでの手間をかけないのが現状です。

でもたまには食べたくなるんです、魚。
ダンナと2人で久々に刺身をほおばりました。(息子は青菜のふりかけごはん・・・catface

Dsc05114_2 <お手軽づけ丼 2人前>
材料

まぐろ(5ミリにスライス) 150g
ほたて貝柱 100g(6個)
---------------
しょうゆ 大さじ1
みりん 大さじ1
ごま油 少々
練りわさび 少々
---------------
炊きたてごはん 2杯
ネギの青い部分 5㎝

作り方
1、しょうゆ・みりん・ごま油、練りわさびを混ぜ、まぐろ・ほたて貝柱を漬ける。
2、10分たったら、炊きたてごはんにのせる。
3、ネギを薄切りにして、散らす。(お好みで白ごまを散らしても。)

ごま油がほんのり香って、ほんのり韓国風です。
わさびは、タレで薄くなりがちなので気持ち多めに入れてみてください。
この調味料の組み合わせ、簡単なのでお試しください。

←応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←こちらも参加中です。

|

« 宇宙人と対話 | トップページ | エリンギ焼きとおうち居酒屋 »

基本の調味料」カテゴリの記事

コメント

帆立も漬けになっていて美味しそうですね。
アレルギーって言っても、食べられるようになるものなんですか。ぜひ、海辺に越されて、お魚をたくさん食べられるようになることを願ってます。

投稿: おさむ | 2009年10月12日 (月) 00時51分

おさむさん。
ほたてもエイッって入れちゃいました。
ありがとうございます。アレルギーは、人によっては成長とともに食べられるようになるそうです。1歳くらいがピークという子が多いようです。
私は魚介も大好きですから、家族で楽しめたらいいなと思います。

投稿: ひよこ | 2009年10月12日 (月) 06時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545142/46453261

この記事へのトラックバック一覧です: 魚アレルギーのこと:

« 宇宙人と対話 | トップページ | エリンギ焼きとおうち居酒屋 »