« パソコンで作るランチョンマット | トップページ | 納豆干しました »

ピッピのショウガ入りクッキー

「その朝、ピッピは、ショウガ入りのクッキーをつくりにかかっていました。ピッピは小麦粉を山のようにこねあげて、台所のゆかいったいにしきのばしました。
『だって、そうでしょ?』と、ピッピは、小さなサルにはなしかけました。『ショウガ入りクッキーを、すくなくとも五百つくろうなんてときには、ふつうののばし板なんて、てんで役立ちゃしない。』
ピッピは、ゆかの上にはらばいになって、ハートがたのショウガ入りクッキーをせっせと型で打ちぬいていきました。まるで、いのちにかかわる大事件といったいきおいでした。」
(『長くつ下のピッピ』岩波少年文庫 リンドグレーン作 大塚勇三訳)

----------

『長くつ下のピッピ』はこどもの頃に何度も何度も読んだ本です。
小さな弟にも読んであげたことがありました。
おかしな場面で、一緒におなかをかかえて笑い転げて、
息ができないような状態になってしまった思い出がよみがえります。

ピッピは世界一つよい女の子。
『Dr.スランプ』のアラレちゃんとどっちが強いかな、なんて真剣に考えていました。
(世代がばれるというものです・・・。)

ピッピの強さは腕力だけではなくて、きっとピッピのやさしさや友達思いのところから
きているものだったのだな~と今になって読み返すとわかるのです。

----------

Dsc06522

<レシピ>ピッピのショウガ入りクッキー

材料(ハート型約30枚分)
●バター 35g
●きび砂糖、または三温糖 大さじ2(約20g)
●ショウガのしぼり汁 小さじ1
●牛乳 小さじ2
●薄力粉 100g
●ベーキングパウダー 小さじ1/2(約1.5g)

作り方
1、バターを室温に戻し、きび砂糖を入れて泡立て器ですり混ぜる。
  さらにショウガのしぼり汁と牛乳を少しずつ加え、泡立て器でよく混ぜる。
2、薄力粉とベーキングパウダーを一緒に2回ふるって1に加え、
  全体がまとまるまでゴムべらで混ぜる。
3、ラップにはさんで、3ミリの厚さにめん棒でのばして、ハート型で型ぬきする。
4、170℃に余熱したオーブンで、10分焼く。

※ピッピのように500枚焼く勇気はありませんでしたcoldsweats01
※ピッピのように、床の上で型ぬきする勇気もありませんでしたcoldsweats01

←ピリリと応援クリックおねがいします(*^_^*)

upwardrightupwardrightupwardright右の本は原画バージョンです。

|

« パソコンで作るランチョンマット | トップページ | 納豆干しました »

物語に登場するレシピ」カテゴリの記事

コメント

生姜味のお菓子、大好き♪
優しい焼き色で美味しそうですね。
子供の頃、最初に作ったお菓子はクッキーだったのですが、
いまだに、アタシ、上手に焼けた試しがないのよ。

『長くつ下のピッピ』、子供の時に読んだはずなのに、
内容を全く忘れちゃってました。

床で型抜き...豪快だな。
ウチの台所は、500枚分の生地を広げるほどの
床スペースがありません(笑)。

投稿: nene_co | 2010年2月20日 (土) 22時22分

おっ、始まりましたね、絵本の料理特集ですね、次は何かと期待してしまいます。

参考になりました。実は、クッキーのレシピをよく知らないもので 笑
母が昔、よく焼いてくれました。

なるほど、ハートのショウガ入りクッキー。いいですね。

投稿: おさむ | 2010年2月21日 (日) 01時40分

nene_coさん。
初めてしょうがを使ったお菓子を作りました。どうやって風味をつけたらいいかわからなくて、絞り汁を使ったのはうちの豚のしょうが焼き方式ですhappy02
私も久々に読んでいろいろ忘れていました。読み返したら、記憶がよみがえりました☆

投稿: ひよこ | 2010年2月21日 (日) 08時04分

おさむさん。
やっと一つ作れました(笑)うれしいです。
1回目作ったら生地が硬すぎて、今回は牛乳を加えて改良しました。
次も作りたい案はあるのですが、作り方がさっぱり思いつきません・・・。がんばりまーす。

投稿: ひよこ | 2010年2月21日 (日) 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545142/47607617

この記事へのトラックバック一覧です: ピッピのショウガ入りクッキー:

« パソコンで作るランチョンマット | トップページ | 納豆干しました »